太陽光発電のデメリット

太陽光のデメリットは

太陽光発電によるデメリットで一番大きなものは、シンプルに考えてみると太陽の光がなければ電気を作り出すことができなという点です。
もしあなたの家の周り、またはソーラーパネルを設置した部分に太陽の光が弱い、または全く当たらないといった場合になると電気を作り出すことが出来ません。
そうなるとソーラーパネルを設置した意味も、電気代を抑えるための代わりの太陽光発電による電気もあまり意味をなしません。
また、電気の容量が少ないため、あまり長時間電気を使用することが出来なくなり有効に使えるものが絞られてしまうでしょう。
なのでもしあなたの家にあまり太陽の陽が当たらない場合は少し考慮しておいたほうがいいでしょう。

その他のデメリット

もし太陽光発電による太陽の光を集めるためにたくさんソーラーパネルを設置するとしたら、そのソーラーパネルに対する費用もたくさんかかるでしょう。
またむやみにソーラーパネルをおいてはいけません。
ソーラーパネルを設置するにも、太陽光発電による電力に限りがあります。
またパネルの大きさにも決まりがあり、もし大きすぎるパネルを用意してしまうと設備認定のルールに違反してしまい撤去されてしまうことがあります。
電力の供給量が需要量を上回ってしまい年間360時間を上限に無保証で出力を抑制してしまうルールなんてものもあります。
そういった太陽光発電によるルールを、インターネットや業者に確認して自分の家に設置できるかどうかを改めて再確認してみましょう。


この記事をシェアする